美容外科で行えるプチ整形と呼ばれる手軽な施術方法

効果的なシワ取り

医者と看護師

筋肉を弛緩させてシワを取る方法

シワ取りに用いられているボトックス注射にも少なからず副作用があります。ボトックス注射のメカニズムは、筋肉を弛緩させることで筋肉の緊張を和らげて癖のついてしまったシワを伸ばしてシワ取りをする効果を期待することができます。用いられているのはボツリヌス菌と言われる劇薬ではあるものの、安全に運用できるように加工しているため、人体への影響はないので安心して施術を受けることができるのが特徴です。ただし、ボトックス注射の副作用にはいくつか症状が見られます。確認されている主な副作用は、頭痛や眉毛下垂、注射をした部分が痛んだり炎症などがあります。しかしながら、ダウンタイムは長くても数日程度なので、安全に運用することができるのが魅力です。炎症や副作用が生じてしまったときには、抵抗力が低下している証でもあるため、できるだけ体を安静にして体力を温存するようにし、炎症がおさまるのを待つことが大切です。人体への影響から、施術を行なうことができない場合があります。妊娠中の方や喘息の症状がある方に対しては、施術を行なうことができない場合があります。ボトックスの効果は、2週間後から効きはじめ、大体3ヶ月から4ヶ月ほど持続するとされているのです。

初めてボトックス注射を受ける場合には、いくつか注意すべき点があります。まず、施術後2週間が経過したら病院で診察を受けることが大切です。これは副作用の症状が出ていないかを確認する意味もあり、2週間後の状態をチェックすることはとても大切です。次に、注射をした部分を擦ったりかきむしったりするのはやめたほうが良いです。患部から炎症を起こしたり、痒みが発生したりすることがあるため、何かしら気になる症状を発症した場合には、施術を受けた病院で診察を受けることを推奨しています。ボトックス注射は副作用の少ないプチ整形の一つと言われていて、気軽にアンチエイジングをすることができると評判です。手軽さが人気な半面、永久的な効果を期待することができないため、シワが気になる場合には定期的に病院にかかる必要があります。ボトックス注射によるシワ取りの効果は、4ヶ月程度と言われていて、繰り返し注射を摂取することでシワを目立たなくさせることができるのです。気になる料金ですが、2万円から3万円程度と比較的安価であることから、繰り返し施術を受けるのにも適した価格設定となっています。ボトックス注射は高すぎないので、効果が切れたら再び注射を打つ事ができます。

Copyright© 2019 美容外科で行えるプチ整形と呼ばれる手軽な施術方法 All Rights Reserved.